上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

(yumeniwa)

先週のM3で手に入れたCD、やっと半分以上は聞いたと思います。
うちいくつかについて感想書きます。

・Marmalade Butcher さんの "VisioN / NoisiA"
毎回かっこいいインストを作っているマ肉さんのCD、今回も買いました。僕にとってWaltz For Chromaから3枚目のマ肉のアルバムです。
とにかくギターがジャキジャキのピロピロで、かなりの演奏テクニックなんですが、それにプラスしてキラキラしたシンセを本当にうまく混ぜて使ってると思います。飽きないです。
今回のCDは紙ジャケでした。僕はプラスチックのケースよりも紙ジャケの方が絶対高級感があって良いと思うんです。

・Phonon forte さんの"Cuilulu ~舞い祈るクイルル~"
物語音楽です。ファンタジックなメロディ、魅力的な女性ボーカルの歌、そして曲間に入る朗読によって物語が進んで行きます。8曲目の"真実へのカギ"あたりからずっと感動しっぱなしでした。変拍子の曲もありました。

・タドスケ さんの"しちごさん"
曲順に5拍子,3拍子,7拍子の女性ボーカル曲3曲入りのCDでした。タイトルの"しちごさん”は曲の拍子のことを表しているんですねー。ジャケットに3人の女の子が描いてあって、1曲ごとに歌っている人が違います。企画力があるCDだと思います。僕は3曲目の7拍子の曲が好きでした。

・のん's Factory さんの"Fragments"
こちらも普段は物語音楽を作っているサークルさんですが、今回はインスト8曲入りのCDを頒布されていました。どの曲も緻密に作られていると感じます。3曲目"桜吹雪"と7曲目"終わらないお茶会"が好きでした。特に終わらないお茶会については、どことなくロシア民謡みたいなフレーズがあって、明日からの人生もがんばろうと思えました。

・株式会社受容 さんの"祭儀書どんちゃか(((└( 'ω' )┐))) e.p."
イナートでした。



——————————————————————————————————


C.L.P.の新曲に関しては、今の所完全に空気と化しているのでそのうちニコ動かどっかにうpします。


—————————ここからどうでもいい日記です———————————

秋になるとケルト音楽とかのフィドルや謎笛が活躍する音楽が聞きたくなります。一昨年のこの時期はそれでいろいろCD買い漁って楽しく聞いてました。去年のこの時期はガチで金がなくてCDすら買えなかったので、ただただ部屋で独り腐ってました。
特に気に入っているのは、Flookの2nd,3rdとか、KilaのLuna Park,あとLunasaの3rdアルバム(The Merry Sisters Of Fate)は傑作だと思います。
一昨年CD買い漁ってたときは、ニコ動で「ケルト」とか、「ケルトが聴ケルト聞いて」とかで検索するといろいろいい感じにまとめ聞きできて、便利よくDigれました。たぶん今はもっと動画増えてるかと思います。
寒い日に毛布にくるまって一日中民族系音楽を聞くと、もういろいろどうでも良くなります。実にファンタジックな感覚です。熱い飲み物とかがあるともっといいです。
そのうえ今年はこたつを買ったので、もう人間終わると思います。もうどうでもいいです。

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

僕とゲーム ~レトロ編

M3-2013秋

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。