上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

(Yumeniwa)
タイトルが小学校の文集っぽい。

サークル活動にはまったく関係ない、ゲームの話題。

僕は初めてゲームをやったときのことを全く覚えていません。
2歳か、3歳か、たぶんそのくらいのころだと思います。
僕はひらがなとカタカナをドラクエで覚えたと親に言われました。

ファミコンのソフトはスーパマリオブラザーズと、バイクのレースゲームで、ぶつかると自機がバラバラに分解してまた元通りくっつく演出が入る謎のゲームを、その演出を見るためだけにやっていたのは覚えていますが、なぜか実家にソフトがあるのにmotherをやった記憶がごっそりと抜け落ちているのが残念でならない…

本格的にゲームって面白いなって思ったのは、幼稚園のころにゲームボーイポケットを買ってもらって、ポケモンの赤・緑やってた頃からだと思います。あれはかなりやりました。ゲームボーイポケットの色がクリアパープルだった人が多いとどこかでみましたが、僕の持っていたのもクリアパープルでした。
初代の星のカービィーも大好きでした。1面のグリーングリーンズは曲が有名ですね。ああいうシンプルな操作の2Dアクションゲームが好きになった原点がカービィーな気がします。当時ノーミスクリアに燃えてました。

そのあと、いつの間にかGBカラーが発売され、すげえこんな小さいゲーム機なのに色が付いてる!と喜んだのを覚えています。ポケモン金・銀の発売日をカレンダーに記入して、もういくつ寝ると金・銀だとカウントダウンして心待ちにしてました。このあたりから、昔はいくらやっても文句を言われなかったゲームのプレイ時間に関して、文句を言われるようになります。親は一体何の影響を受けたのでしょうか。

スーファミも思い出深いソフトが何本かあります。「クロノ・トリガー」は有名ですが、あれをリアルタイムでプレイできたのは本当に良かった…。あれは素晴らしいゲームですよ。ほか、「ソウルブレイダー」という、当時「何か名前がかっこいいから」という小学生の感性で決めて買ってもらったゲームが、予想以上に面白くてひたすらやってた記憶があります。剣と、遠距離魔法で戦っていくゲームで、ダンジョンで敵を倒すと現れるスイッチを踏むと、魔王的な存在に消されていた街の人や建物が現れて、街が蘇っていき、行けなかったところに行けるようになったりする…という感じでした。こうして書くとなんか普通ですが、実際にやってみるとスイッチを踏むたびに脳から快感物質でます。書いてたら久しぶりにソウルブレイダーやりたくなってきた。最後の必殺技で鳥みたいなビームが出て激しく感動した気が。

あと「かまいたちの夜」っていうゲームもありましたけど、あれは当時の僕にはよくわからないゲームでした。僕の中では名前入力に漢字が使えたスーファミのゲームくらいの位置づけになってしまっています。
ドラクエは3と6が面白かった覚えがあるんですが、なぜか覚えているのは4のことばかりです。たぶんPSでリメイク版が出てそれをやったからだと思います。

親がドラクエ好きだったので、ドラクエは記憶が薄れているものの1~8までは実家にあって、一通りやったと思います。そのかわりFFとの出会いが遅くて、初めてプレイしたFFは7でした。FFはいっぱい出てるのに7と10くらいしかプレイしていなくて、その上一番ハマったのがキューブのFFCCの方なので、本編の方も長期休暇に初期作品をいくつかプレイしようかな。

ゲームの話題、意外と長くなりそうなので今回はこの辺にします。ここまでだとタイトルを「レトロ編」とかに出来そうですね。

今回は「スーファミにソウルブレイダーっていう神ゲーがあったんだぞ!!」ということがメインな感じです。スーファミあったら是非暇なときやってみてください。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ゲームといっしょ

聞く側から

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。